産地・工房, 群馬県

桑の木植樹

こんばんわ。五代目です!

 

今日は、日本蚕糸絹業開発協同組合主催の

 

桑の苗木植樹プロジェクトに参加してきました!

 

日本の絹を守りましょう!という使命の下

 

賛同した全国の呉服店、呉服を扱う小売店が

 

遠くは福岡や山口から、15社ほど集まりました。

 

 

今回で第6回目。

 

小川屋は、第1回目から参加しています!

 

そして、わたくしがお声がけしました

 

群馬県議会議員の方にも参加していただきました。

 

 

ちょっとだけ議員さんになった気分です(笑)

 

 

もちろん、植樹もちゃんとやりました!

 

わたくしがやったわけではありませんが。。。

 

今回はカメラマンとして参加ですから(笑)

 

群馬県の養蚕農家さんは減少しています。

 

群馬の養蚕業がなくなるのは、

 

日本の絹がなくなってしまう事なんです。

 

ですので、地元の呉服店として群馬県産糸を使った

 

商品をこれからも増やしていこうと思っていますし

 

群馬県産糸を使ったオリジナル商品を作っていきます!