こだわり, キモノ業界, 前橋市, , 子供, 小川屋, 振袖, 日本の伝統, 男のきもの, 群馬県

審査員

こんばんは。五代目です!!

 

今日は、2019「日本の心と美の祭典」

 

きもの装いコンテストきものフェスティバル

 

「世界大会に向けて」関東大会が

 

桐生市市民文化会館で行われまして

 

審査員として行ってまいりました!

 

 

開会前から審査内容等の説明を聞きまして

 

わたくしなりの知識や経験を基に

 

自装、すなわち一人で鏡を見ないで

 

衿元、おはしより、裾の長さなど

 

いかにキレイに着物を着られるか?

 

更にいかに早くその所作や立居振舞の

 

美しい動作が出来るかどうか?

 

など真剣に審査させていただきました!

 

 

出場者の中には従業員もお客様もいましたが

 

先生、という初めての立場とありまして

 

厳正かつ公平に審査をしました!

 

 

振袖の部、留袖の部、カジュアルの部、

 

子供の部、外国人の部、学生の部、

 

各部門に別れての競技となります!

 

その中でカジュアルの部で小川屋にて

 

成人式の前撮りと当日のヘアメイクを

 

手伝ってくれてます美容師さんが

 

見事に一位に輝きました!!

 

着装の技術はもちろんですが

 

スピーチはダントツに素晴らしく

 

内面も評価されての栄冠だと思います!

 

しかし、国会議員や群馬県知事、桐生市長等

 

名だたる方々が来賓と審査員に

 

名前を連ねる中でわたくしで良いのか?

 

と、迷う気持ちもありましたが

 

審査員という立場を初めての経験をして

 

出場者している皆さんの真剣に頑張る姿や

 

熱い思いがヒシヒシと感じられましたし

 

実際のスピーチで伝統文化を継承したい!

 

もっと着物の素晴らしさを広げたい!

 

という、きもの業界にいるわたくしに

 

物凄く勇気を与えてくれました!

 

しかし着物愛で負けてられません(笑)

 

ますます着物に対する想いが強くなりました!