こだわり, めぶく, キモノ業界, 仕入, 前橋市, , 商品, 商店街, 小川屋, 展示会, 日本の伝統, 晴れの日, 東京, 独り言, 群馬県

凡ミスから未来の話へ

こんばんは。五代目です!!

 

先日、11月11日に小川屋へ入社して

 

丸八年が経ちました!と、このブログで

 

ご報告をいたしました!

 

記念日とかそういう類いのものは

 

日々のブログネタとして楽が出来るので

 

いつも忘れないようにチェックしてますが

 

いつも、過ぎてから気がつくわたくし。

 

今回は、ちゃんと思い出したのですが

 

その前日の11月10日こそが

 

このブログにおいて、最も報告するべき

 

記念日だった事に先ほど気がつきました。。。

 

その11月10日にこのブログは

 

何と二周年を迎えておりました!

 

はい。。いつもの凡ミスです(笑)

 

こんな感じなので続けられています(笑)

 

三周年は、ちゃんとやります(笑)

 

そんな今日は、朝から東京へ出張です!

 

カジュアルきもの展という複数の企業が集まり

 

業界向けの展示会へ行ってきました!

 

人生の通過儀礼、七五三や成人式など

 

晴れの日を中心とした日本の伝統文化を祝う

 

いわゆるフォーマルのきものがメインな

 

小川屋にとっても、わたくしにとっても

 

とても良い刺激になりました!

 

着物というものを楽しみたい企業や人が

 

とても多いことに勇気も頂きました!

 

また、ファッションとしての着物を見て

 

より一層、専門店として日本の伝統文化、

 

伝統工芸、技術などを継承していく事の

 

大切さと使命を感じる1日にもなりました!

 

また、話は全く変わりますが

 

本日の上毛新聞で中心市街地の再開発に

 

前橋商工会議所から要望書が出されたと

 

一面に掲載されてました。

 

 

この再開発は、前橋中心市街地の未来が

 

大きく左右される事になります。

 

行動にスピードは必要だと思います。

 

再開発に対して反対もありません。

 

ですが、街がどう変わっていくのか?

 

どんな中心市街地になっていくのか?

 

街中に店を構える店主のわたくしも

 

全くわかりません。。。

 

スピードよりも必要な事が沢山ある。

 

今日、きものに未来を感じたように

 

街にも未来を感じたい!と思います。