キモノ業界, 京都, 前橋市, 小川屋, 成人式, 振袖, 日本の伝統, 日本の絹, 晴れの日, 群馬県, 養蚕

20歳のつどい

こんばんは。五代目です!

 

今日は、昨日と変わりまして

 

暑くなりましたね!!

 

特に昼を過ぎてからは晴れ間も出て

 

結構な暑さとなりました!

 

今日は市内の小学校では

 

運動会も多かったようなので

 

天気が回復して良かったですね!

 

さて、今日は少し真面目に

 

成人年齢の引き下げに伴う

 

成人式についてのお話です。

 

先日、神奈川県の逗子市が

 

成人年齢引き下げ後に行われる

 

成人式を「20歳を祝う成人の集い」

 

と、18歳を成人とする民法改正後も

 

今までと同様に20歳を対象に

 

成人式を行うと表明しました。

 

そして、今週の18日に京都市長が

 

来年の成人式より、20歳のつどいと

 

副題をつけて成人式を行い

 

民法改正後も継続していくと、

 

政令指定都市で初めて表明しました!

 

https://s.kyoto-np.jp/politics/article/20180918000136

 

成人式で振袖をきるというのは

 

文化としての歴史は浅いですが

 

最も定着している和装文化であると

 

わたくしは思っています。

 

振袖が売れる売れないはもちろん、

 

大切な事ではありますが

 

センター試験を控えた人がいたり

 

一生を左右する進路を決めて

 

卒業式の前で忙しい高校生にとって

 

成人式に出ないと思います。

 

つまり成人式は文化として

 

残ることもなくなる危機です!

 

そういった意味においても

 

20歳という節目を祝うのを目的に

 

成人式が継続されるのは

 

意義のある話だと思います!

 

この動きが全国に拡がる事は

 

文化を残すだけではなく

 

職人や技を残す事につながります!

 

群馬県も和装の一番の原料となる

 

絹糸生産では全国トップです!

 

世界遺産ではなく、今ある産業として

 

養蚕、絹糸生産を守るためにも

 

20歳のお祝いとして成人式が

 

継続されることを切に願います!

 

いつもブログを読んで下さっている

 

皆様にもシェア、拡散のご協力を

 

お願いしたいと存じます。